ホーム 活 動 報 告 入 会 案 内 組 織 概 要 イベント情報・お知らせ  お 問 合 せ 
活動報告TOP  
12/20NPO忘年会   
12・4田ノ浦公園・ビーチごみ拾い   
12/3大分県職員弊NP0活動体験研修   
11/6エコライフフェア   
竹の伐採・粉砕2  
久住高原国際マラソン   
8・7田ノ浦公園・ビーチごみ拾い   
 職場体験:大分市内中学校  
ごみゼロおおいた推進隊任命式  
ごみゼロおおいた推進隊二次審査  
6・11 田ノ浦公園・ビーチでゴミ拾い  
竹の伐採・粉砕
 
HP研修会  
しいたけのコマ打ち  
職業講話に出かけました  
環境教育・支援活動  
   
  
   活動報告
ごみゼロおおいた推進隊 第2次選考会プレゼンテーション    6月13日(月)13:40 県庁会議室





 私たちは、平成23年2月14日、人と人がつながる地域づくりをめざして、NPO法人「 いきいき安心おおいた」を立ち上げました。


   

 私たちの周りには、生活支援の必要な高齢者や障がい者がいます。一方で支援活動に十分に参画できる60〜70代の退職した人たちがいますが、貴重な人的財産であるにもかかわらず、ほとんど活用されていません。
 ところが、支援の必要な人たちと支援ができる人たちは、誰かがつながなければ、なかなか出会えません。
 そこで、私たちは、その両者を出会わせることによって、互いにつながりながら、その地域の中で心豊かに生き生きと暮らせる、そこに住んでいる人たちみんなが元気で活力に充ちている、そんな地域ができると考えています。
 また、いつまでも元気で心豊かに生き生きと暮らすためには、環境問題にきっちり向き合うことが大切です。

 

 
 

 環境問題への取り組みとして、竹林保全をしています。竹林は97%が荒れていると言われています。
 私たちが今伐採を始めようとしているのは、大分市の高崎地区ですが、所有者は高齢化し手を入れることができません。大分市より竹の粉砕機を9月6〜25日借用しますので、約1ヘクタールの保全活動をします。粉砕した竹は牛糞と混ぜ肥料化し販売する予定です。
 ところが、会員の多くは全くの未経験者です。そこで、先月14〜15の2日間、由布市鬼瀬地区の竹林伐採・粉砕活動に研修を兼ねて参加しました。延べ17名が参加しましたが、初めての作業に、みんなとても興奮し感動をしました。
   

 環境問題は、子どもの頃からきちんと学び、3R(ゴミの減量やリユース、リサイクル)を認識し、身につけることが必要です。そこで、私たちは、環境教育にも係わることにしています。
 一つは、環境教育のゲストティーチャー支援です。昨年は大分市の小学校と中学校に6回ほど出かけました。そのための事前・事後研修会にも参加しました。
 さらに、中学生の職業教育のゲストティーチャーとして職業講話、さらに職場体験学習の受けいれです。ここでも、職業教育だけでなく、環境教育にも力を入れています。理事長経営の事業所が、エコアクション21取得工場であることから、まず、工場内環境整備の状況を体感させる、続いて環境整備活動と工場周辺・外(地域)のゴミ拾い・草刈りなど体験させています。
 
   



 田ノ浦公園は平成17年に公園整備が終了し、「砂浜と緑のコントラストが美しい、自然豊かな海洋性レクリェーションの拠点 」「市内で唯一の海浜を生かした市民の憩い・レクリェーションの場となる総合公園」です。



 しかし、これまで何度か、ここを訪れ、憩い、あるいは、ゴミ拾い活動に参加しましたが、その都度、ゴミが散乱していることが気になりました。拾い集めると、その都度、かなりの量のゴミが集まります。
   市民が、いつでも気持ちよく過ごせるためには、誰かが、どこかの団体が、そして、より多くの人たちが、恒常的にゴミ拾いをする必要があることを実感しています。


 そこで、私たちも、その中の一団体として、活動したい考え、「ごみゼロおおいた推進隊」に応募しました。
 さっそく取り組みをはじめ、先週の11日(土)、雨の合間をぬって、ゴミ拾いをしました。
 次回は、8月7日10:00〜11:00の予定です。
 ゴミの中の有価物は換金し、東日本の被災地に寄付したいと思っています。
 

 ごみゼロおおいた推進隊として、3Rの徹底した実践を続けてまいります。

特定非営利活動法人いきいき安心おおいた
大分市下宗方286−1
電話 097-533-1131