ホーム 活 動 報 告 入 会 案 内 組 織 概 要 イベント情報・お知らせ  お 問 合 せ 
活動報告TOP
12/20NPO忘年会 
 12・4田ノ浦公園・ビーチごみ拾い
 12/3大分県職員弊NPO活動体験研修
11/6エコライフフェア 
久住高原国際マラソン 
8・7田ノ浦公園・ビーチごみ拾い
 職場体験:大分市内中学校
ごみゼロおおいた推進隊任命式 
ごみゼロおおいた推進隊二次審 
6・11 田ノ浦公園・ビーチでゴミ拾い
竹の伐採・粉砕
HP研修会
しいたけのコマ打ち
職業講話に出かけました
環境教育・支援活動
 
 
 
 
       
   活 動 報 告
  竹の伐採・粉砕2(9月6日〜26日)
   
 大分市の竹粉砕機を借用(9/6)
市職員の河野さんが取り扱い方を丁寧に指導してくれました。 
 ******上宗方地区の竹林*******         
 
       

竹林が荒れ放題で、近隣の人たちに迷惑をかけていることに地権者は頭を悩ませています。
見通しが悪く、通学する子どもたちにとっても危険箇所になってしまいます。
   
9/12、14、15日と作業を続けています。
1日目は、わずか10uで130本もの竹を伐採しました。
粉砕するのに2時間半かかりました。
       
粉砕機を運搬するため、トラックが必要。
専用のトラックを準備しました。
 
     
あまり大きな竹ではなかったので、作業はやや楽でしたが、時折の雨で竹が湿ってしまいました。
そのため、竹パウダーが機械にからみつき、何度もパウダーを払い落としての作業となりました。
       
       
 ******高崎地区の竹林*******           
  
       

高崎地区竹林の入り口付近です(9/8)
車1台がやっと通れるだけ空いていますが、竹が覆い被さっています。
     
生活道路ぎりぎりまで、竹が覆っています。1日も早い整備・作業が望まれます。
       

竹林保全は、1.5mおきに竹を残すことが必要です。
樹木医の佐藤理事の指導で、竹伐採の事前作業として、残す竹(素性が良くて若いもの)に印を付けました。
赤いビニールテープを丁寧に巻き付け、切ってはいけない竹としての目印にします。
    
       
9/18は若者代表で中野さんが参加し、竹や雑木の伐採です。理事長がチェンソーの使い方を指導していましたが、すぐに習得し作業に没頭。     村山富市顧問も作業状況を視察に来られました。
荒れた竹林が徐々に整備され、来秋はここで椎茸パーティーができると大喜びです。
       
あっという間に伐採された竹がいっぱい。粉砕するのが間に合わない状況です。
 
    今井副理事長が粉砕作業に奮闘!
昼食時間も惜しんで竹の粉砕に励みました。
小雨の中での作業と汗で全身水浸しです。
       
9/19は、新しいメンバーが加わっての作業です。遠い臼杵市からも庄司さんが来られました。田中理事は12日の作業から連日、竹の伐採・粉砕作業をしています。
さっそく竹粉砕機を搬入、作業の準備です。 
     昨日の作業で地面がぬかるんでしまっているので、竹粉砕機をどこにおいて作業をするのがいいのか思案中です。
女子会代表で縄田さんも作業に参加!
       
高崎地区の本田さんも作業に参加。雨具をしっかり準備していたので、雨の中でも平気で粉砕機を使っています。

 
    粉砕された竹パウダーは、田畑にまいておくと消毒になります。
田んぼを耕作している岡本理事がまず試しにまいています。
村山邸の庭にもまきました。草を取らなくてよくなるし、虫も寄りつかなくなるので大変便利。
佐藤理事は生ゴミに混ぜてみました。すると生ゴミの独特の臭みが消えてしまったそうです。肥料化しているのでしょう。
       
9/24は、高崎地区地元の市議会議員 松下さんと理事の芦刈さんが作業に参加。
まず、初めは粉砕機の燃料タンクを満杯にして、、、と作業手順を、ベテランになってしまった理事長と理事の田中さんが手ほどきです。
 
    伐採した竹の運搬作業。
竹が大きく長いので、なかなか重たくて大変です。
馴れない仕事に悪戦苦闘の市議さんです。
       
9/25はボランティアの方2名が参加。
作業も終盤になってきました。
竹林もかなり涼しげになってきましたよ
 
    登り口は、竹や雑木・クズのツルで覆われ通ることができなかったのですが、すっかりきれいになりました。
すごいでしょ!!
ちなみに、9/8 作業前は
こんな状況でした。
同じ場所とは思えないほ
変わりました。
 
     
       
       
9/26は5:00〜9:00に作業。前日伐採した竹の粉砕が終わらず、早朝から車のライトの明かりで粉砕しました。      9:00 やっと全てが終わってヤレヤレ。
ほっとしている理事長の心が伝わってきます10:00には、粉砕機の返却。
20日間頑張ってくれた粉砕機に感謝の気持ちを込めてきれいにしオイルもさしました。

特定非営利活動法人いきいき安心おおいた
大分市下宗方286−1
電話 097-533-1131