ホーム 活 動 報 告 入 会 案 内 組 織 概 要  イベント情報・お知らせ お 問 合 せ 
組織概要TOP
設立趣旨
定 
 
 
 
 
       
   組織概要
 設立趣旨
1 趣 旨
 近年、私たちの住んでいる大分県でも、全国的傾向と同様に高齢化が進んでいる。また、新興住宅地として非常に活気のあった団地も、住人の高齢化と共に活気を失いつつある。生活者である地域住民にとっても、生活しにくい様々な状況がおきている。とりわけ、高齢者にとっては、団地内にあったスーパー等商店の撤退によって、日常の食品等の生活必需品さえ、満足に得ることができない。さらに車の運転ができない高齢者は、公共交通機関を利用するしかないのだが、駅あるいはバス停までが遠かったり坂道であったりするため、生活全般において不自由を強いられている。病気であっても思うように病院に行けないし、リハビリも思うように受けることができない。
 こうした実情の中で私たちは、見るに見かねて知人の高齢者には声をかけ、病院への送迎や買い物の手伝いをすることがある。
 また、障がい児・者においては、未だにその家族の責任に於いて支援・援助・介護がなされ、地域のネットワークは希薄である。
 そこで、いきいき安心おおいたは、その名の通り高齢になっても、障がいを持っていても活き活きとしかも安心して、その地域で暮らせる、そんな地域を創ることに寄与したいと考えている。
 これまで、活動を個人的にそれぞれがバラバラに、できるときだけ実施してきたが、これではサービスを受ける側は利用しにくく、また、サービスをする側も個人の負担が大きくなり、経済的にも精神的にも行き詰まりを感じている。ところが、前述したように地域でも困りは年々増大している。一方で団塊の世代が定年退職を迎え、多くの方々がエネルギーを蓄えたまま家庭に閉じこもるか、遊びだけに価値を見出そうとしているところがあり、地域の大切な宝(十分に地域貢献できる能力や労力)が生かされていない。
 そこで、退職後のエネルギーを集め組織化することで、地域の宝が生かされ、サービスする側とサービスを受ける側とで地域のネットワークが広がり住みよい地域づくりができると考える。また、この活動を持続可能にするため若者世代まで巻き込んで活動することにしている。
 具体的には、高齢者や障がい者の困りに向き合うため、まず、商店までの車での送迎と買い物の介助、病院への送迎と介助、給食支援活動、訪問介護活動に取り組んでいく。さらに、里山保全のための山林保護活動、また、社員の能力を活かし環境教育や職業教育への講師派遣活動にも取り組む。

2 申請に至るまでの経過
 平成16年より、病院までの送迎、買い物のため商店まで送迎など、活動を個人的にそれぞれがバラバラに、できるときだけ実施してきた。
 平成18年にNPO法人を設立するため会員を募り、10数名が登録したが、組織の中核である理事・事務局長候補者が現職で働いていたため、事業計画や書類作成など不十分であった。本年になり、それらの者たちが退職し十分に活動できる状況になったのでNPO法人の申請に至った。

特定非営利活動法人いきいき安心おおいた
大分市下宗方286−1
電話 097-533-1131